ネイルを学ぶ方法 (ネイルスクール、通信教育、独学など)

今や女子の手元にない方が少ないと言われるほど、定着したネイルアート。その種類も様々で、定番で自宅でもできる「ネイルポリッシュ」を使って色を塗るものや、爪の長さが出せる「スカルプチュア」、最近特に施述する人が多くなっている「ジェルネイル」など、様々なネイルが私たちの爪を彩っています。大体の方がお店で人に施述されてから自分ですることに興味を持ち、「資格をとってみたい」という気持ちに傾くことが多いようですが、では一体ネイルサロンで働くため、もしくは独立するためにはどのような機関で学んでいけばよいのでしょう?
まず最初は、ネイルを学ぼうと考えている人が一度は資料を取り寄せたことがあるであろう「ネイルスクール」です。基礎の基礎からみっちりと長い時間学べることが魅力の一つですし、分からなければ後から先生に教えてもらうことも可能なので、初めてで本格的に学ぶ意欲のある人はオススメです。
次に「ネイルの通信教育」ですが、こちらは本当にネイルが好きで好きで仕方ないという高いモチベーションを持っている人に向いている学び方ではないでしょうか。教師となる人に直接見てもらうには手段が郵送なので、かなり強い意志をもって受講しなければならない分野でしょう。しかし、メリットは自分のペースでできることや、子育てで小さなお子さんのお世話をしながら自宅でできるので、多忙な方にはオススメできる機関でもあります。
「ネイルの独学」に関しては、本当にたくさん自分でネイルの練習しなければいけませんし、かなりハードルは高くなってきます。しかし、やる気と根気のある方で、ネイルが好きで仕方ない、という力強い意思のある方は独学でされても良いのではないでしょうか。こうやって学び方を見ると、非常にたくさんの選択肢があるといえるでしょう。様々な学び方があり、どこで学ぶかによって進路も変わってくるのがネイルの学び方。皆さんは、どこで学ばれるのが自分に適していると思われるでしょうか。